2017年04月19日

将来の有望株

将来の有望株_3604.jpg
私がひとりでサイゼリヤに行くようになったのはここ何年かの話だ。
そもそもサイゼリヤに行き始めたのはダビデ氏とふたりでであって、今はダビデ氏が忙しくて面会することもままならないため、いつしかひとりで行くようになったのだ。
先日行ったサイゼリヤで驚いたのは女性のひとり客が多かったこと。さらに目を見張ったのは女子高生(?中学生?)のひとり客がいたことだ。
制服姿なので学生なのは分かるが中学か高校かは分からない。ひとりでドリアをつつきながらスマホを見てる。よく友達同士で来てやんややんや賑やかにしてるのは見かけるが、ひとりでというのはおそらく初めて見る気がする。
もはや中年の私がいくらサイゼリヤを語ろうとこの先の寿命を考えたらたかが知れてる。
しかしこの女子高生(?)はこれからその倍以上の時間を生きるのだ。それがすでにこの年でひとりでサイゼリヤを堪能しているのなら、将来の有望株だ。サラブレッドだ。
あぁ、おそらくこのコが次の時代を担っていくのだろう。わたしに何か培ってきたものがあるのなら、このコに託すしかない。
私の跡を継ぐのはこのコなのだろう。きっとそうなんだろう。
posted by ポンコツ惑星 at 11:26| Comment(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: