2015年08月31日

それは専用

sia (400x400).jpg

いかんせん撮りためたダビデの写真が底をついた。

だから、また日常の風景を切り取りながらセッセコブログを更新しよう。

いつだか行った、車の展示場だか、展示会にシャア専用のトヨタの車があった。
この車に乗っていたら、後ろ指やら、罵声やら、罵倒されそうで怖い。
が、
最近、流行の痛車だと思われれば、存外平気なのかも知れませんね。
知らないけど。

でもね、
シャア専用ってこういうことじゃないよーな気がするのはワタクシだけでしょうか?
posted by ポンコツ惑星 at 08:00| Comment(0) | 流山ダビデ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最高に旨いエア寿司 〜赤坂 寿し処 寿々〜


藤居陽一郎 氏…調理師専門学校を卒業後、都内の寿司店で修行。その後久兵衛で9年間寿司を握り、独立。

一、星鰈
二、墨烏賊(天草)海草を煮出して作った藻塩と、すだちをのせる
三、新子(塩と生酢を控えめに〆る)
四、蝦蛄(能登) 生きたまま仕入れ、握る直前に3分ほどゆでる)
五、大トロのはがし(三厩産120キロのマグロ)
六、蝦夷馬糞海胆(利尻)軍艦で
七、赤海胆(佐賀県唐津)握りで上に塩をのせる
八、鰹(気仙沼)生姜と薬味ネギを載せる。春の初鰹は赤身の旨さ、秋の戻り鰹は脂の旨さ、夏はその中間のいいトコどり
九、鰯(釧路)2〜3分塩して生酢に軽くくぐらす。生姜と薬味ネギをのせる。
十、穴子

今回のおかわりは蝦蛄だったが私も同感だ。以前、回転寿司で手を伸ばした蝦蛄(↑写真)はさほど美味しいとは思わなかったのでその違いをエアしたいからだ。早川氏絶賛、ご主人も「(蝦蛄がおかわりで)個人的にうれしいっす」というほどの絶品。―川越フーコー

エア元→http://www.twellv.co.jp/event/sushi/gallery/37.html
posted by ポンコツ惑星 at 04:00| Comment(0) | 最高に旨いエア寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

ダビデとはしご

画像 032 (400x300).jpg

「部長〜もう一軒行きましょう!僕良い店知ってるんです」
なんてやりとりが聞こえてきそうなはしご酒。

屋上ではしご昇りレースが開催されている。
もうレスキューだ。
やる種目が既にレスキューの域に達しているんじゃないかと思われる。
それでも、厚手のベロアのジャケットを着込み
白い革靴を履き 
牛丼の丼より重たい物を持ったことのないワタクシが
誰よりも早く、屋上の更に上へと駆け上がった。

見渡す限りの夏の終わりの空を、胸いっぱいに吸い込み
甘酸っぱい、汗の臭いを嗅ぎながら
夏に別れを告げていた。

画像 043 (400x300).jpg
posted by ポンコツ惑星 at 01:42| Comment(0) | 流山ダビデ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

サイゼリヤ探訪 〜湖畔にたたずむ〜


店内は思ったほど広くありません。
レジを挟んでエリアで分けてるだけの分煙ですが、不思議と煙くさくありません。
特筆すべきなのは窓から水面が望めること。
決して新しい店ではないようですが、その経年劣化どおりの古さと、サイゼリヤ特有の天井の高さが相まって湖畔に立つロッジを思わせます。
そこから外を眺めているとまるで静かな湖畔のスイスにいるようです。
スイスには一度も行ったことありませんが、まるでスイスにいるようです。
我孫子新田店
posted by ポンコツ惑星 at 06:00| Comment(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

ダビデと洗面器

画像 231 (400x300).jpg

フーコーから要望があった「ダビデのキザ講座」
考えてはいるが、以前と同じではアレなので、リニューアルを考えている
が、
時間がないのが切ない。
あれは結構時間がかかるのだ。
一人の時を狙って写真を大量に撮らなくてはいけない。
最近一人になる時間が少ない。
愚痴だ。
単なる愚痴になりそうなのでやめておくが、愚痴に違いない。

パリとかパリジェンヌの単語が異様に飛び交うが、パリには行ったことありません。

キザ講座の再開を待たれよ!
posted by ポンコツ惑星 at 08:35| Comment(0) | 流山ダビデ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする