2015年01月30日

赤いタワー

IMG_0600 (300x400).jpg

何故か、未だに、東京タワーを見ると興奮する。
先日も首都高から見える東京タワーに興奮して写真を撮りました。
夜でも、遠くから見える東京タワーのライトに興奮を隠せない。
無論、オムロン スカイツリーもテンション上がりますけど
何故だろう 東京タワーのきらめきには叶わない気がする。

赤いからだろうね。
あの赤さに人々はやられてしまう。
街中に突然出てくるあの感じもやられてします。

東京タワー近辺で働いたり、暮らしたりしたらそんなにテンション上がらないのかな。
もう、そんなこともないだろうけど、仮にそんな暮らしが出来るようになったら
東京タワーの近くで暮らしてみたいな。
posted by ポンコツ惑星 at 08:00| Comment(0) | 根本豊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

恋のサイゼリヤ


ここ最近、一番よく行く街道沿いのサイゼリヤ、
行くときは午前中に行くのですが、
必ず見かけるおじさんがいます。
いや、おじさんとは失礼、私よりは若いと思います。
おそらく30代後半。
まじめそうで、しかしまじめがゆえに垢抜けない感じの男性。
いつも私のハンバーグが運ばれてくるころ来店します。
作業着らしきものを着てるので
おそらく仕事中、早めのお昼ということでしょう。

そしてこのサイゼリヤには美人の店員さんがいます。
年はおそらく40歳前後で、若く見えるというわけではありませんが
年相応の綺麗な女性です。

まだお昼の混雑時間帯前なので店員さんも少なく、
この美人店員さんが主にフロアを切り盛りしてます。
前述の男性が入ってくると美人店員さんは
「いらっしゃいませ、いつもありがとうございます」
と挨拶するので、彼はおそらく頻繁にここへ来てるのでしょう。
そして注文が決まり、かの美人店員さんが彼のもとへ行くと
メニューを見ながら品を伝えつつ、話を広げてるのが分かります。

その様子を見て私は思いました。
あぁ、この男性は美人店員さんに気があるな、と。

話を広げると言っても、注文と関係ない話をしてるわけではありません。
メニューについての質問とか感想とか、サイゼリヤに関する何かのようで、その範疇を出ることはありません。
美人店員さんも笑顔で答えます。
一見、なごやかな感じですが、店員さんの受け答えの感じからすると
悲しいかな、男性に気があるとは思えません。
普通の接客の範囲で、懇意な感じはしません。
こちらは遠くから眺めているだけなのに、それはわかるという・・。

でも男性の話のふりかた、話題のチョイス、話し方は全然嫌な感じがしません。
いかにも口説いている、という感じがしません。
彼の真面目さがよく表れています

そんな彼にとってのチャンスは3回です。
「お決まりになりましたらお呼びください」の時、注文を取りに来る時、そして品物を運んでくる時。
しかもそのすべてに彼女が来るとは限らないわけですから
チャンスはさらに少なくなる。
そもそもその日にいない、ということもあるでしょう。
最初は注文の範囲内での話でいいと思います。
それを少しづつ積み重ねて徐々に話が脱線していければ上々です。
「いつもありがとうございます」と言われる段階には来ている。
ここまでは順調。今はまだダメでも、いつか振り向いてくれる日がくるかも。

彼の恋の行方に目が離せません。
そして密かに、応援しています。
posted by ポンコツ惑星 at 05:00| Comment(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

自己の能力

IMG_1521 (300x400).jpg

ワタクシの小さい容量の脳ミソでは、諸々の処理に時間がかかる。
今、まさに小さい脳ミソが目いっぱい動きすぎて処理に困っている。
イライラと毎日の早起きに体もついていかない。
お金と人前に立つ面倒くささと人間関係に辟易。

何より、早めに髪の毛切らないとだな。

愚痴が多い春。
posted by ポンコツ惑星 at 08:00| Comment(0) | 根本豊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

岐路に立つ「マツコの知らない世界」


深夜時代から楽しく拝見しております「マツコの知らない世界」
1月13日に「漬物」をやっておりました。
登場したのは、東海漬物研究員の小村美香さん。

この人がものすごい美人でして。
いつもの番組のようにおいしい漬物を紹介してくれるのですが、
引っ掛かるのは「きゅうりのキューちゃん」でおなじみの
東海漬物株式会社の社員さんだということ。
この時点で、自社のことやら他社のことやらいろんなことが渦巻いて
彼女が言う「おすすめの漬物」がどこまでホントなのか信じられません。
でも美人です。
見てるだけでうっとりするくらいの美人です。
だけど、それほど漬物に対するマニア度が感じられません。
もちろん漬物の研究員ですから、
我々一般の人よりも漬物に詳しいし、愛着もあるでしょう。
しかしいつもこの番組に登場する突き抜けたマニアの皆さんから比べたら
あまり情熱が感じられない。
だけど美人です。間違いなく美人です。

ここで番組に対する不信感が芽生えます。
美人というのは確かにヒキが強いし、そういう人を出すというのは
テレビの常とう手段です。
でも「マツコの知らない世界」はそういう番組ではなかったはず。
あるジャンルに特化してハマってる人がその世界の魅力を語る、
そしてその人とマツコ氏のかけあいが面白いのです。
それが、綺麗どころを出しておいしいものを紹介するなら
他のテレビ番組と同じです。
普通の、情報番組です。
美人の小村さんが語る途中、
私は初めて、この番組を見るのをやめました。

ゴールデン時間帯に行って大丈夫かという杞憂が、
ここにきて現実味を帯びてきた気がします。
今までのスタンスを貫けるのか、それともいろんな事情が絡んだ
ただの情報番組になるのか、岐路に立ってると思います。

きっと、なんの能力もない偉い人がいろいろ口を出して
面白い番組を潰していくのでしょう。
漬物会社の人が出て漬物を語る、ということ自体、
なんらかのビジネス的な思惑があるとさえ勘ぐります。

それにしても、冒頭にやるあの長い要約?はいらないね。

(写真は↑いつぞやのジョナサンでついてきた漬物)
posted by ポンコツ惑星 at 06:00| Comment(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

自作空耳アワー





2013年暮れ、フーコーは
とあるBS番組で「K-POP空耳」なるものを募集してるのを知り、
ハガキに曲名と空耳部分を書いて送ればいいものを
自分で撮影、出演、編集して完成させた映像を送ったところ
見事採用されオンエアされる。

調子にのったフーコーは第二弾を画策。
同じ空耳役者の根本氏を誘い、グレードアップ感を伴って
2つのネタを撮影→編集→完成→応募する。

しかし見事に不採用。
ここに涙をのんで掲載することとなった・・。

posted by ポンコツ惑星 at 03:00| Comment(0) | ヘルメットアワー動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする