2014年07月31日

なんだ、このむなしさは。


先のジョナサンミーティングで頼んだのは
本格!盛岡辛冷麺&ピリ辛まぐろ丼(↑写真)
である。

この冷麺、辛さがマイルドな白いスープと
大辛の赤スープから選べるらしい。

辛いのが平気、というのはちょっと得意げになれる要素だ。
ちょい悪がカッコいい、というのと似てるプラスポイントだ。
私なら通常、マイルドなほうを選ぶとこだが、
このプラス要素に挑戦すべく、大辛にすることにした。
難なく食べられればちょい悪オヤジ的カッコ良さ。
辛くて食べれないなら、ヒーヒー言ってそれはそれで面白い。
根本氏も大きくうなずいている。同意見であろう。

ところが、食べても食べても辛くない。
辛さをあまり感じない。
後からくるのか、後からくるのかとワクワクしてもとうとう来なかった。
確かに口先まわりが辛くなってるが、
「大辛」というほどではない。決して大辛ではない。
ピリ辛まぐろ丼もしかり。

ということは、私は辛さを難なくこなすちょいカッコいいやつ、
なのではないか。
しかしなんだ、このむなしさは。
カッコ良さと引き換えに得られる高揚する気持ちがない。
全くない。

私は気付いた。
辛さを感じないのは、歳をとって感覚が鈍くなったからではないのか。
これは歳のせいなのではないか。
辛さを乗り越えるというのはこういうことじゃない、はずだ。
確かに辛さを感じながらも、それを楽しむなり、いなすなり、
それがカッコ良さのはずだ。
しかし私には辛さそのものが来ない。
来なかった。

歳をとってまず最初に衰えるのは視力らしい。
それはとっくに受領済みだ。
近くのモノはボヤけて見えない。
それは今年になってから自覚した。

次は、味覚なのか。
思わぬところで年齢を考えさせられた午後10時。




posted by ポンコツ惑星 at 04:00| Comment(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

44年ぶり

続気の毒カフェ.JPG

先日、ネットを徘徊していたら
44年ぶりビートルズ映画制作決定」のニュースが。

ワタクシとフーコーの絆を繋ぎとめてくれるのがビートルズ。
何本か映画も出ているのは知っている。
でも、ワタクシはみたことがない。
観たい。
この作品が完成する前に、すべてのビートルズ映画をみておかないと。
posted by ポンコツ惑星 at 03:00| Comment(0) | 根本豊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

ガンダムからヤマト、ヤマトからガンダム


先日、BSテレビで偶然、ガンダム(1st)の放送を見た。
第14話「時間よ、とまれ」でしたが
あまりに懐かしくて最後まで見てしまった。
その後、テレビ版宇宙戦艦ヤマトのリメイク?もBSで見た。
おそらくCG等も交えているのでしょうけど
さすがに画はずいぶんと進化していた。
登場人物は松本零士氏の作風ではなくなっていたけど。
これでヤマトを知る若い人も増えるのでしょうな。

我々世代は、先にヤマトで次ガンダム、という順番で
ヤマトは勧善懲悪、しかも自己犠牲という要素がふんだんに盛り込まれた
作品なのに対し、その後のガンダムがニュータイプ論を立ち上げながら
「人はどこまで分かり合えるか」という
人間の可能性と、アムロ氏の成長、という描き方に
かなりの新鮮さと衝撃を覚えてハマったわけで、
その後のアニメは、勧善懲悪より「主人公の成長」系が主体となったと思う。

ということは、ヤマトを知らない若い世代が、このヤマトをどう捉えるのかが
非常に興味がわくところ。
とかく若い世代と我々オッサン世代は価値観の違いがありますが、
ヤマトとガンダムというこの2つを共有したら、
価値観も一緒になるのではないか、なんてね。
posted by ポンコツ惑星 at 05:00| Comment(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

うえの

wakusei6 (400x300).jpg

北の玄関口 上野駅。
聞こえてきます。
津軽の歌が聞こえてきそうです。
が、
夏目前の梅雨明けきらぬ7月の平日でも、上野アメ横は往来の飲み屋で
朝から飲んだくれる人がわんさか。
熱波が襲う上野は今日もいい日和。
posted by ポンコツ惑星 at 03:00| Comment(0) | 根本豊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

まさか根本氏が。


私は根本氏より毛髪が多いと思っているが
根本氏は根本氏で私より多いと思っている。
なかなか決着のつく問題ではないのだが、
最近、私は不安に思っている。

根本氏の毛量が私を越えるのではないかと。

というのも先日、タバコをやめると言い出したからだ。
禁煙に関しては今まで何度も耳にしてきたが、
それは大して実現してこなかった。
しかし今回はどうも怪しい。禁煙を達成しそうで怪しい。

私の持論では、喫煙はおそらく毛髪に悪い。
ハゲない人はどんなに吸ってもハゲないが、
ハゲる人にとっては、内から外からダメージが大きいと予想する。
なので今まで、根本氏がどんなに育毛にハゲもうとも
喫煙してる以上、生えないという密かな安心感があったのだ。
しかし今回は怪しい。
彼の禁煙宣言を聞いても
「どうせ無理だろう」
という安堵感が私の中に無い。
心の中でほくそ笑むことが出来ない。
今回は何か違う、という直感だ。

禁煙、という武器を発動したら
これから大躍進を遂げる可能性がある。
もともとタバコを吸わない私にはその武器がないので
大きく飛躍する手立ては今のところ無い。
つまりここで一気に抜かされたら
私には追いつく術が無いのだ。
気ばかりがあせるが、あせっても毛髪に良くないので
つとめて冷静を装う。

いかん、根本氏がフサフサになってしまう。

(↑写真はいつぞやの根本氏。以前はただのおどけた写真に見えたが、
 今では、禁煙達成を成し遂げ勝ち誇った顏にしか見えない)
posted by ポンコツ惑星 at 06:00| Comment(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする