2014年03月31日

増税ショック



消費税が上がることで、なんとも暗い春先となってしまいましたが、
一番ショックだったのは、よく行く1000円床屋チェーンの値上げ。

1000円が、1080円に。
あれ?今まで952.38095…円の5%で1000円だから
8%になったら1028.5714…では?
という疑問もさることながら、
これが便乗値上げかという衝撃もさることながら、
今まで1000札一枚、というこの感じがよかったのが
今度は1000円札と小銭が必要という、何とも言えない気持ち悪さ・・。

今までは千円札のみでの支払い。小銭とか
5千円札とか一万円札での支払いは許されない、
お釣りとか、そういうの無いから。というシステムだったのが
今度からはお釣りOKになるのでしょうね・・。
今となっては千円札オンリーという頑固おやじみたいな感じが懐かしい。

それにしてもこればっかりは買いだめも出来ない。
せめて丸坊主にして伸びる時間を稼ぐしかない。まさかそんな。
というわけで、増税後も1000円ポッキリで続行する心意気のある店を
探してみようと思います。
posted by ポンコツ惑星 at 06:00| Comment(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

全力で開幕

E794BBE5838F20317.jpg

きた!
開幕だ!
今年もプロ野球の開幕が来てしまった。
待ってた。待ちわびて、もしかしてもう開幕しないんじゃないかと思ったくらいです。
それでもちゃんと野球は始まりました。

毎年、言いますけど、この野球のない時期のワタクシの心の喪失たるや、ドーナッツの穴のように虚無感が広がっているだけでした。
選抜高校野球は開幕してます。
そういうことじゃないんです。
プロ野球が始まって欲しいんです。
オープン戦もそんなに重要じゃないんです。
勝った、負けたの勝負が見たいんです。
あのピッチャーで負けたとか、あの打者が勝負を決めたとか、そういうのを見たいんです。
(結句、毎年のことながらネットのラジオ中継を聞き入ることになると思いますけど)
ここから怒涛のリーグ戦が始まってしまいます。
今年も球場に行けるかな。

そう!野球スターーーート!!
posted by ポンコツ惑星 at 03:00| Comment(0) | 根本豊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

厳然たるルール違反


また食べてしまった「自家製野菜ソースのハンバーグ」(↑写真上)
美味しいと思ったらそればかりを食べる傾向があるにはあるのだが、
それにしても「またか」と自分でも思う。
それでも美味しくいただく。
食べるたんびに美味しくいただく。

以前は、自分へのご褒美として
よく頑張ったと思った時にひとりでサイゼリヤへ行き、
自家製野菜ソースのハンバーグを食すのが習わしだった。
それが今や、ご褒美とか頑張ったとか関係なく食べてる。
まるでのべつまくなし。もしくは無分別の極み。
これはいかんと思う。
ルール違反だと思う。

posted by ポンコツ惑星 at 06:00| Comment(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

春はまだかと君が言う

FxCam_1395632136024 (300x400).jpg

毎年のように、加奈子は「春はまだ?」と僕に聞いてくる。
まだおぼつかない足取りでベランダに出ては寒々しそうに戸を開け、
マンションの向こうに見える桜の木を眺めている。
加奈子は4歳でおそらくはもう既に母親の存在というものがどういうものか分かっている。
僕の妻は病弱で今なお病院に入院している。
妻の母親が我が家に来てご飯などを不憫に思って作ってきてくれているが、
それも毎日というわけにもいかない。
僕自身も仕事があって夕飯の用意が出来ない時もあるので、
そういう場合は妻の病院に行き、病院の食堂で食べさせてもらうこともある。
不憫だという言葉で表すには加奈子に申し訳ないと思う。
それでも、僕は一緒にいれるときは最大限の愛情を持って接している。

それも、僕側の勝手な憶測にしかすぎず、毎日、普通に、
家族でいられるということが出来ない言い訳でしかないのだ。

それは気持ち良く晴れた3月での日曜日で、空は高く、雲はない。

テレビでは桜前線の上昇を告げ、
今週にも僕らが住んでいる地域にも桜の開花を予想させていたようだ。
「加奈子、花冷えって言葉があるんだよ」
「はなびえ?」
「そう、暖かくなってお花さんも、もう春だって咲くんだけど、また気温が下がってしまうんだ。
だから花冷えしないように神様にお祈りしたほうがいいね」
「そうなんだ。病院にも桜咲くかな?」
加奈子は晴れ渡った空を見ながらそんなこと言った。
「この分なら、今週中には咲くかもね。」
僕は大き目の鍋に油をしいて切ったじゃがいもと人参と玉ねぎを炒めようとしていた。
野菜の前に肉を焼くことをつい忘れ、野菜を半分入れたところで肉の存在に気づく。
いつも、僕は後で大事なことに気づく。
肉と野菜が心地よい音を立てて、キッチンの中にこだましている。
加奈子が何かを言ったみたいだが、炒めている音と換気扇の音で聞こえない。
こっちをみながら加奈子は何かを伝えているようだ。
僕はちょっと待ってとジェスチャーしながら、リズミカルに肉と野菜を炒める。
ひとしきり炒め終わり、加奈子に
「なんて言ったんだい?」と聞いてみると
「ううん、なんでもない」
と言うだけだった。
毎年、妻の病室から桜の木を見て、
そこに集まる人々のお花見の様子を見ているだけだった。
いつかは、3人でお花見を出来たらいいだろうなって思っている。

カレーが出来て、少し遅めの昼食になる。

二人でカレーとサラダを食べながら、午後は静かに過ぎていく。
posted by ポンコツ惑星 at 03:00| Comment(0) | 根本豊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

辛いラーメン


↑写真は辛いインスタントラーメン。
これがかなり辛い。そうとう辛い。
もともと辛いものは好んでは食べないのに、
これは好んで食べるようになってしまった。
しかも最初は辛くて辛くて大変だったのに、
最近は辛さにも慣れてきて「ちょっと辛い」くらいになってきた。
しかもそれが美味しい。

ふと思い出した。
根本氏がタバコを吸い始めたころの話を。
「最初はむせるし、おいしいなんて全然思わなかった」

なのにそれが今やおいしいと、
タバコをやめることもできないほどになったわけだ。

私は、タバコをやめるやめると言ってやめられない根本氏を
その都度批難してるわけだが、もしかしたら
私も同じなのかもしれない。
私も同じ穴のなんとかなのかもしれない。

このことは根本氏には内緒にしておこう。
辛いラーメンを食べるようになったいきさつは内緒にしておこう。
posted by ポンコツ惑星 at 06:00| Comment(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする