2012年07月31日

決してジャンボリーではない


ひさしぶりのサイゼリヤで我々が頼んだのは偶然にも

自家製野菜ソースのハンバーグとラージライス、
そしてドリンクバーである。

まったく同じものが2つ並ぶと妙に壮観である。

しかし決してハンバーグジャンボリーではない。
(※ジャンボリーに関してはこちらを参照→パスタジャンボリー

ダビデ氏はあわよくばジャンボリーと思っているので
目を爛々とさせてこちらをチラ見してくるのだが、
こちらはまったく意に介さず、黙々と食事するのである。

しかしこれだけの壮観となるのなら、
なんらかの祭りがあってもいいかもしれない。
posted by ポンコツ惑星 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

ミッドナイト田所

ミッドナイト田所


久方ぶりにUSTREAMじゃなくて動画を撮りおろしました。
ワタクシ(流山)の何年も前から温めていた企画です。
日々のストレスをDJで晴らす男の話です。
posted by ポンコツ惑星 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルメットアワー動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

合掌のゆくえ


我々にとって合掌とは、
万物すべてのものに感謝の意を表する行為である。

だから日常の中では食事の前に合掌することが多くなる。
作物の実り、生産者、そして食事を給してくださる全ての人、モノに
感謝するのである。

合掌の瞬間には上の写真↑のとおり、
その人の全身から凛とした風を感ずるかのごとくである。

同じ合掌でも、人にお願い事をするときの合掌がある
 ↓

このような姿からは清廉さは微塵も感じられない。
己の欲求を完遂することのみに支配された俗物そのものである。
我々の中ではこれを合掌とは呼ばない。


蛇足ではあるが、先日の初禁煙席での合掌はこれ
 ↓

いつものように感謝の意こそ感じられるものの、
“初めての禁煙席”という慣れない環境に心は乱れ、
動揺が口もとにあらわれている。
本人はいたっていつもどおりの面持ちであると思っていても
合掌という、偽りを隠すことのできない、
まるで全面鏡張りの中に心を置くような状況では、
このように、その有り様が如実にあらわれてしまう。

合掌。
posted by ポンコツ惑星 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

もう、夏


連日の猛暑日が続く日本列島。
いかがお過ごしですか?
いよいよ今年の夏も始まったな。と

ワタクシは夏は好きなほうだ。
それは冬よりもという、たぶんに比較から入る部分も多いとは思うのだが。

夏は確かに暑い。

以前、ワタクシ一人暮らしをしていた時に、エアコンが付いてなく、
何なら風呂さえも付いてない部屋に住んだことがあったが

あれはかなりの地獄だ。

クーラーがないって本当にしんどいんだな。ってあの時痛感しました。
クーラーもなく、風呂もない部屋でどうやって過ごしていたのか
今では遠い記憶になっているが、かなりのエコライフだったことは間違いありません。

節電だ節電だと世間様はのたまいますが、ワタクシがあの時味わった地獄は
節電レベルじゃなかったことを思うと、気軽に節電しろ。とか聞くと腹が立つのは確かです。

暑くて寝れなくて、スーパーとかでもらえる保存剤を大量に頂き
それをわきの下や、首筋に挟み入れ、寝る。
起きるとそれが溶けて布団がビチャビチャになってることなんてザラでしたわ。

↑↑の写真は節電にはうるさいフーコー。

posted by ポンコツ惑星 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 流山ダビデ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

禁煙ジレンマ


分煙のような禁煙をしているダビデ氏。
いや、次会うときはもう挫折してるかもしれない。
そんな危うさを常に抱える禁煙への道である。
特にダビデ氏の場合はどこに地雷があるか分からない。

それを生暖かく見守る周囲の人間=私としては、
彼の禁煙を応援する立場であるわけだが、
ふつう、周りが禁煙に協力するような雰囲気、
協力体制があると有難く感じるものだと思うが、
彼の場合、あんまりそれをやりすぎると

「禁煙しねー」

と言い出す可能性がある。

肯定的な雰囲気には否定を
否定的な雰囲気には肯定を。
そう、天邪鬼なのである。

だから距離感が難しい。
私としてはこんなにおいしいネタはないので、
ブログでもやんややんやと書き立てたい。
彼の禁煙がうまくいくよう協力しつつ、
やんややんやと書き立てたい。
しかしやりすぎるといつ天邪鬼が出てくるか分からない。
かといってまったく禁煙に触れないわけにもいかない。
彼の禁煙苦労話くらいは聞かなければならない。

めんどくせー。

もし彼が挫折したらボロクソ言ってやろうと思う。
今まで浴びせたどんなひどいハゲ言葉よりも残酷な言葉で
禁煙できなかった彼をののしってやろうと思う。
そうしたら逆に、また禁煙を始めるかもしれない。
天邪鬼を逆手にとるのである。

(写真は↑禁煙席にて無意識に手がタバコを持つ形になってるダビデ氏)
posted by ポンコツ惑星 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする