2011年12月30日

ヘルメット・オブ・ザ・イヤー フーコー編

つづきまして、フーコー編でございます。
この狭きヘルメットワールドの中で今年をふりかえりますと、

1、ハイビジョン化成功
 世間では7月に地上デジタル放送に移行しましたが、私たちも
 動画HD化と相成りました。
 楽天ダンスコンテストでいただいた賞品の「楽天ポイント」で
 購入させていただきました。自分たちの財布では新しいビデオカメラなど
 買えるはずもないのです。

2、ヘルメット着用開始
 以前からヘルメットをかぶったりしておりましたが、タイトルも
 「ヘルメットアワー」の名を冠し、動画でもヘルメットを着用。
 キャッチフレーズは“ヘルメットで危険も視線もシャットアウト”
 確か6月終わり頃からでした。

3、撮影は外へ
 部屋の中にこだわって(?)撮影をしてきた私たちですが、
 ついに外へ出ました。春先はあまりに気持ちがよく 
 「もっと早くからこうすれば」なんて口先も軽くなりましたが
 夏になれば当然灼熱となるわけで。早々に弱音を吐いて屋内に戻りました。


というわけで、ダビデ氏記述の中からベスト3を選びます。
これまで「ブログのネタが無い」と常々こぼしていたダビデ氏が
今年のいつ頃からか突如“本気の記述”が始まりまして。
そうなるとバカバカしい内容から、文芸作品まで多岐にわたり
選ぶのがなかなか難しい。
そこで「わたしが思わず声をあげて笑ったもの」を基準に選びました。
おのずと真面目なやつは候補から消える。


3位  よろしく哀愁
我々ダメなオッサンの真骨頂。
哀しさもいくとこまでいくと笑うしかない。


2位  温もりをください
今までは、ダビデ氏の記事に私(フーコー)が登場することはほとんどなかった。
あったとしてもその日の撮影のことを語るのに説明のひとつとして登場するくらいだった。
しかしダビデのペン先の矛先がこのブログに向けられるようになってからは
私をいろいろ撮り、文章と写真で操るようになった。悔しいが、笑ってしまった。

1位  仲間を救助せよ!
突然始まった「高カロリー機動中隊」。
私に衣装を着せ、内容を聞かされないままいろいろとやらされ、
出来上がってみたらこのシリーズ。
私は訳もわからず言われるがままなので、このシリーズに私の主体性も愛着もない。
つまり他人事。自分が写っていながら自分ではない、不思議な感覚。


なんだ?私の写真が載ったものばかりを選んでる。我ながら気持ち悪い選考。
しかし今年のほとんどが私の写真なのだ。
ダビデの本気が隆起した今年、獲物を狙うその鋭いペン先は私を貫いた。


そして今年のイチバン動画 川越篇

Self Control

今思えば始まりは私の「何か写真送れ」だった。
ダビデが送ってきた半裸の天狗写真をまぁまぁの面白さと位置づけ
しぶしぶ記事に使用していたのが、
今度はダビデ氏

「天狗で動画を撮りたい」

と言い出した。

そんなもの面白くなるはずがない。

確信よりも確かな何かを感じていたが、
やりたいものをやる、風通しのいい我々なので
ダビデの言うがままに寒い夜だからを撮影。
しかしやってみたら意外とアイデアが生まれる。
この第二弾が「Self Control」(別名・小室サウンドの復権)。
最後に出てくる蝶ネクタイの2人組はこの曲を聴いていた
高校時代からやってみたいと思っていたことです。

小室氏は悪いことをしてつかまった。
しかしその彼が作った曲は、私が青春時代にハマった曲であるのも事実。なんとも複雑だ。
それにしてもダビデ氏は天狗を妙に面白くする。計算づくしの演技とも思えないが、
私がこのシリーズを気に入り絶賛すると、ダビデ氏は「こんなのつまらん」とのたまう。
なるほど、さして考えてやってるわけではなさそうだ。天性のテングか。




不毛と自己否定をモットーに活動する我々ですが、
年の瀬くらい自分たちのことをホメたいと思う。
それは

こんなブログ誰も見てはいないのに、
あたかも大勢の人が見てるかのごとく真面目に取り組んでること。

来年もよろしくお願いします。










posted by ポンコツ惑星 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

ヘルメット・オブ・ザ・イヤー ダビデ編

今年もやってまいりました。
本当に年の瀬。
年末の大掃除で手の指が異常にカサカサしています。
危険な薬品を大量に使わないと落ちない汚れ(けがれ)で満載の我が家。
まだまだ大掃除完了とはいかないのですが一足先にこちらのblogのケジメをつけたい。

昨年のこの時期、同じような内容でこのblogの1年を振り返りました。
ソラミミ兄弟オブ・ザ・イヤー」参照。
昨年までは「ソラミミ兄弟と出世魚」というblogタイトルでしたが
それがいつのまにか「ダビデとファミレス」になり現在の「ヘルメットアワー」になっています。
また来年に名前を変えるかも知れませんが、それはご愛嬌で。

今年の年末も優秀作品を自分達の優しい目線から決めてしまいたいと思います。

ルールは簡単。
自分以外の記事で面白いと思った記事をベスト3まで選びます。
(ダビデならフーコーの記事をそれの逆を)
ちなみにフーコーの記事だけでおよそ100を越える記事が上がっております。
選ぶこちらも正直大変。

そして、数々の動画から今年のベスト・オブ・動画も決めたいと思っております。
ちなみに今年blogに登場した動画は31作。多分。
力作揃いの中から栄えある栄冠に輝くのはどの動画か?

御託は良い?
了解です。オーケーです。ワタクシも説明嫌いです。

それでは流山が選ぶ今年のベスト3は?

第3位 2011.02.03「外から帰ったらうがい!
常々フーコーより「何か写真を送れ」とせっつかれ家にあった小道具の
天狗のお面を被って送りつけた写真での記事です。
まさか天狗がここまで大きく育つとは思いませんでしたけどね。
天狗だと顔の表情が出ないので紙に書いた動作を示さないといけないのが面倒でした。

第2位 2011.08.30「互いにハゲまし合う
自虐的なのか清々しいのかさっぱり分かりませんが我々はお互いをハゲと認めて
知恵を絞ってどうにかハゲてないようなハゲになれるように日々考えています。
ハゲとは人生の磨耗なのだと、誰かが何処かで云っていたようにも思うので
抜け落ちる髪の毛が我々の体得した人生観であるならば、それは仕方なかろうと思うのですが
うら若き女人に接する際はソッと頭部を隠したがるワタクシがいるのです。

そして栄えある?第1位は
2011.11.30「僕を若いと言うのは君だけ
いやぁ素晴しい。ワタクシのことじゃなく謎に包まれたフーコーの一端を形容している素晴しい記事でした。
ただの体重計がまさに女性のように優しく語り掛けている様はお見事。

続いて今年のナンバー1動画 流山編
2011.10.18『「ラブピーダンスおどってみました」決闘編
撮影し、youtubeにアップまでしてくれるフーコーには誠に申し訳ないが
こうして編集された動画が1番ワタクシ好きなんです。
残念ながらこの動画はコンテストに間に合わずに終わってしまいましたが
それを踏まえて、ワタクシが最も好きな動画であります。

さぁいかがだったでしょうか?
作品にはリンクされているので受賞作品を是非御覧になって下さいね。
来年もこのゆるい企画が出来れば良いなぁと希望的観測に燃えています。

今年は震災のことで辛い日々を過ごされた方々も多かったことでしょう。
我々が出来ることは本当に微小で役に立たないことかも知れませんが
一日も早い復興と、震災に係わった全ての人々に笑顔が戻ることを祈っております。

来年もバカでハゲでどうしようもない我々ですがよろしくお願い致します。

posted by ポンコツ惑星 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 流山ダビデ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

ウサギありがとう


ファミレスで食事中、ダビデがこっちをじっと見る。
何かを思い出せと言わんばかりにじっと見る。
あまりに見られるもんだから、その何かを必死に思い出そうとする。

降参してもダビデは答えを教えてくれない。
答えは教えないがヒントは与えると言う。
ヒントは
“オレの顔をよーく見ろ”
だった。

手元のコーヒーが冷めるくらい考えた。
考えに考えてひらめいた。
正解にたどりついた。

答えは、ウサギだった。

ネズミにも見えるがウサギらしい。

この時期になると、来年の干支=辰ばかり話題になって
今年の干支=ウサギを忘れているのではないか、
というダビデから世間への忠告らしい。

確かに、年賀状のときはさんざんウサギウサギ言うけれど、
その後はパッタリと記憶から消える。

ならばダビデの言うとおり、ウサギにお礼を言おう。

ウサギありがとう。

posted by ポンコツ惑星 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

「消臭力のうた」を歌ってみました

「消臭力のうた」を歌ってみました


今年の顔と云えば消臭力のミゲルくんもその一端を担っていたんではなかろうか。
そのミゲルくんが歌う「消臭力のうた」のコンテストがありました。
目ざとい我々も応募してみました。

posted by ポンコツ惑星 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルメットアワー動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

ジョナサン広報大使への道〜さば塩さっぱりおろし〜


気を抜くと、魚を食べない日々が続いてしまう。
でも頭では、魚を食べたほうがいいと思ってるんです。

そんな時、ジョナサンにおいていつもの少しエロい感じのたぶん人妻であろう従業員に
「今日の日替わり和膳はこちらの塩さばです」
と案内されると

お、そうだ魚にしよう

と思い出したように注文するのです。
メニューを見ただけでは無意識にスルーしてしまうところを

「魚食べたほうがいいんじゃない?」

と背中を押してもらった気がします。

ありがとう人妻、いや違う
ありがとうジョナサン。

posted by ポンコツ惑星 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする