2010年02月22日

ファックスは、SかMか


ダビデ 先生、久しぶりのお便りが来ました。

ノンジ ああ、そう。

ダビデ 浦和市にお住まいのハンドルネーム『オニロク』さんからです。
     『ファックスはSですよね!教えてください』という事なんですが・・・

ノンジ 浦和のオニロク?ん、誰だろう?知り合いかな。

ダビデ 誰でもいいですよ、先生。それよりファックスはどっちなんですか?

ノンジ 君はどっちだと思う?

ダビデ やっぱり名前に『ファック』がついてますから。 こりゃ、もう俄然Sだと。

ノンジ その通り、まさにSなんだな!

ダビデ やった!初めて当たった!!

ノンジ でもちょっと待ちなさい。なぜ君、Sだと思ったの?

ダビデ そりゃ真っ白な紙を飲み込んだり、汚れた紙を 吐き出したり・・・

ノンジ ああ、それは君が言うところの牛乳浣腸の隠語だな?

ダビデ いや、そんな事、思ってないですけど。

ノンジ え?牛乳浣腸じゃないの?じゃあ何の隠語?

ダビデ 隠語じゃないですよ。

ノンジ なんだ、違うのか。でも、まあ、君が思っているようなSではないよ。

ダビデ じゃあ、何なんですか?

ノンジ ファックスって光の速度で一方的に命令を送るだろ。
    これってずばり奴隷と主人の関係だわな。

ダビデ 言ってる意味がよく分からないですが・・・
    だって仕事でファックス使うでしょ。

ノンジ 君、仕事でファックしてるのか!!

ダビデ 何、怒ってるんですか? いいから、どっちなんですか?

ノンジ ようするにだ、ファックスは光さえ支配するマスターってことだよ。

ダビデ はあ・・・。じゃあ、ファックスはSって事ですね?

ノンジ ちょっと待て、マスターのマはМだろ?あれ、どっちかな・・・。

ダビデ じゃあ、今回はSって事で、僕がまとめます。

ノンジ う〜ん、どっちかなあ・・・


(写真)すかさず牛乳浣腸を指摘するノンジ先生
posted by ポンコツ惑星 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネオ!SM党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

相撲は、SかMか

ダビデ これはどうですか?

ノンジ これはどうみても完全にМだな。

ダビデ え、相撲ですよ?国技じゃないですか。

ノンジ だって見てよ、あのマワシ。
     自らギューギュー締め付けちゃってるんだもん、股間をさ。
 
ダビデ ああ、まあ、確かにそうですけど。

ノンジ それとさ、決まり手、何手あるか知ってる?

ダビデ 決まり手?押し出しとか、寄り切りとか――。

ノンジ ズバリ四十八手だよ。

ダビデ 四十八手っていうと――

ノンジ まさに、体位的なあれと同じだろ。

ダビデ ああ、そうですね、いわれてみれば。

ノンジ つまり四十八種類も責められ方があるんだよ。

ダビデ  ……はあ、まあ、そうですが。

ノンジ Мだろ。決まりだよ。断然。

ダビデ ですね。じゃあ、相撲はМということで。


(写真)↑Mという結論に納得のダビデ氏(右)と
いつものMサインを決めるノンジ先生(左)


posted by ポンコツ惑星 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ネオ!SM党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

スペースシャトルは、SかMか

ダビデ これはもちろん、飛び立つわけですから。
     飛んで、立つ、わけですからね。

ノンジ なに、じゃあSだと思うわけ?

ダビデ まあ、Sかなぁと。だって名前知ってます?
     チャレンジャーですよ?完全に挑んでる感じじゃないですか?

ノンジ これってどこに飛んでいくんだっけ?

ダビデ 宇宙に決まってるじゃないですか。

ノンジ 宇宙にいくとどうなっちゃう?

ダビデ まあ、無重力状態になりますよね。

ノンジ 無重力って言うか、ある意味、無防備だよな、体がさ。

ダビデ ああ、なるほど!

ノンジ 言ってみれば、宇宙旅行っていうのは体内回帰だからさ。
     S的な気持ちじゃ行けないわな。

ダビデ おお、深いですね。

ノンジ だからМだな、これは。

ダビデ ですね。ではロケットはМということで。

(居酒屋「宇宙にて」)


posted by ポンコツ惑星 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ネオ!SM党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

凱旋門はSか、Mか

ダビデ 門といえば、これはもう明らかに……。

ノンジ 何が?

ダビデ いや、門ですからね、くぐられるっていうか、
     入れられるっていうか、受身っていうか。

ノンジ いや、これはどう考えてもSだろ。

ダビデ ええっ?!門ですよ!考えるにズバリ、
     穴的なモノを連想するじゃないですか。

ノンジ ああ、そっちの門を想像したんだ?

ダビデ ええ、まあ。

ノンジ 知ってる?凱旋門。

ダビデ ナポレオンが建造したんですよね。

ノンジ あれね、直訳すると「戦勝のアーチ」っていうんだよ。
     つまり凱旋門は強さのシンボルなんだよ。

ダビデ シンボル。つまり男性のシンボル的な、何ですか?

ノンジ うん、それでアーチだからな。

ダビデ なるほど〜、合点がいきました。
     シンボルでアーチですもんね。

ノンジ だろ。Sで決まりだな。

ダビデ ですね。じゃあ、門はSということで。


↑解説に熱が入り、自らの左腕で
 「S」の文字を作ってみせるノンジ先生(左)と
 向きが逆だと指摘するダビデ氏。


posted by ポンコツ惑星 at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ネオ!SM党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

ラストエピソード

さよならテング


私の目の前に突然現れたテングは、
昔どこかに忘れてきた自分なんだと思いました。
テングにはいろいろなことに気づかされ、励まされ、
そして忘れていたいろいろなことを思い出させてくれました。
それらを取り戻した今、これからさらに前へ進むには、
いったんテングとは別れなければならない、
そう思いました。
ありがとうテング。
posted by ポンコツ惑星 at 07:00| Comment(0) | テングと過ごした日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする