2222年08月19日

目次 ---------------

流山ダビデ川越フーコー
そして若干ヒキ気味に2人を見守る ノンジ先生 によって運営しています。

文字コンテンツ

動画コンテンツ


お問い合わせはこちらまで。
ponco2dance@gmail.com

三人兄弟グルーヴ
 川越フーコー
   │
   ├―ヘルメットアワー
   │  (YouTubeUSTREAM) 
   │
 流山ダビデ(元・根本豊) 
   │
   ├―ポンコツ兄弟
   │
 ノンジ先生
posted by ポンコツ惑星 at 05:04| 目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

ダイエットではなく

炭水化物なし_0139.jpg
弁当買って帰る際に、お米なしのものをチョイスするようになった秋の日(↑写真)
別に炭水化物抜きダイエットをしてるわけではなく。
歳をとりました。大人になりました。
posted by ポンコツ惑星 at 20:33| Comment(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

理想の昼食

ガストクイック_0131.jpg
私もダビデ氏に負けず劣らず女子力が強い方だと思うので、よく晴れた日のランチなぞは巷で話題のおしゃれなカフェーでなにやらプレートなぞを食したいと思っているのだが、
いつのまにか安くて手っ取り早く食べられるところに入ってしまう。
この日はクイックガストなるファミレスと牛丼屋のあいの子みたいな店へ吸い込まれるように入る。
これで(↑写真)360円とは有り難い。実にありがたい。おじさんはうれしい。
posted by ポンコツ惑星 at 16:18| Comment(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

一日二度も

一日二度も_0135.jpg
なんだかんだそんなこんなでこの日二度目のスターバックス。
さすがにコーヒーという気分でもないのでせめてのソイラテ。
以前、「牛乳は牛の子供が飲むもの」と聞いてそれ以来牛乳は口にしていない。
なのでソイラテ。
posted by ポンコツ惑星 at 20:26| Comment(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

買い物基準

筆入れ_0017.jpg
人生も半ばを過ぎた年齢ともなれば、買い物の基準となるのは
「これ、生きてる間にあと何回買うだろうか」
である。
頻繁に買い換えるようなものであれば、安いものでいいだろうし、
ここで買ったら死ぬまで買い換えないだろうというものなら高いものでもいいだろうし。

例えば筆入れ。
普段から酷使するものでないし、筆入れを買った今までの回数を考えたら
買うのはこれが最後かもと思い
ちょっと高いものにしてみました。
posted by ポンコツ惑星 at 11:10| Comment(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

うわべプラン

うわべプラン_0080.jpg
気の毒カフェと道を挟んで反対側に、この町唯一のケータイ電話ショップがある。
他の町と同様、店頭には原色やら蛍光色やらで新しい機種がいかに安いかを訴えた宣伝文句が騒々しく並ぶ。
しかしその派手な店構えとはうらはらに、この店に客がいて賑わってるところを見たことがない。
通りすがりにチラリと中を覗くとメガネをかけたヒゲづらの店長らしき男が、
奥で暇そうにスマホに指をすべらせている。ケータイ電話ショップだけにそのスマホ操作は仕事なのか、遊びなのかは分からない。
ある日、店の入り口右側に新しい紙が張り出された。
他のうるさいくらいの宣伝文字とは逆に、黒字で小さく縦に書いてある。
「うわべプラン ¥2900〜」
いったいどんなプランなのだろうか。2900円が高いのか安いのかもわからない。
ふと、店の中に目をやると、店長が大きなあくびをした。
posted by ポンコツ惑星 at 19:58| Comment(0) | 気の毒カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

悲しい家族

悲しい家族_3667.jpg
インターネット上で悲しい記事を読みました。

フリーの広告代理業を営む夫は月に24万円を稼ぐのが精いっぱい。フリーなので先行き不透明だ。いっぽう公務員の妻は年収約800万円。
この収入の格差ゆえ、夫は家に居場所もなく、妻の親せきには冷たくされ、11歳になる娘には口を聞いてもらえないのだという。

記事では夫の収入の低さによる悲惨さがつづられていたが、果たして問題はそこなんだろうか。と思う。
妻と夫の収入を合わせれば、家族3人が暮らしていくにはじゅうぶんであるはずだから、家族が貧困の窮地に陥って夫の収入の低さが責められてるわけではないだろう。
せつないのは、この家族の価値感がお金しかないことだ。家族3人でいて楽しいことはないのだろうか。たわいもない団らんはお金で生み出せるものではなく、そこにいる3人の人間関係が築き上げるものだ。
この家族には、その人間関係が構築されていない。収入の格差以前に、すでに破たんしているのだ。おそらく公務員の妻が作り上げた“金で人を見る価値観”がすべての基準になっているから、必然的にさげすまされるのは夫になる。
心配なのはこの娘の将来。この年頃でたたきこまれた価値観は大人になってそう簡単には変わらないだろう。
この娘はこれから出会う相手を男女問わず全て、お金で見るのでしょう。

まぁ、この記事もどこまでホントか分からないけど。
posted by ポンコツ惑星 at 19:25| Comment(0) | 川越フーコー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする